IQGeo Meetup 2019

2019年10月16日~ 17日
米国コロラド州デンバー

IQGeo Meetup 2019

 

 

今年で 5年目を迎えるMeetupは、今回もデンバーで 開催される、公益サービス事業体および情報通信業界の ネットワーク事業者 のための  2日間のカンファレンス です。このカンファレンスでは業界の抱える問題や傾向を 討論したり 、同業者がどのように 課題を解決したかを学びます。 業界のソートリーダーによる カスタマープレゼンテーションや基調講演に加えて、Meetupではワークショップ、デモンストレーション、 IQGeo の製品ロードマップへの洞察発表が行われます。開催中はお飲み物と昼食をご用意し、10月16日の 夜には楽しいエンターテイメント も予定されており、ネットワークキングにも最適な機会になります。  

仮のプログラムはこちらから ダウンロードできます。 

 

基調講演のプレゼンターは以下のとおりです。

 

Zouheir Mansourati  TELUS  のブロードバンド担当前副社長、Zouheir Mansourati 氏  には、情報通信とケーブル業界が現在直面している課題についてお話しいただきます。        
   

Stephen Kerr

 

 PA Consulting 7 の Stephen Kerr 氏  は、公益サービス事業体業界のテクノロジーについて解説します。 

 

 

今後数週間にわたり、さらに多数のスピーカーが発表され、プログラムもここに間もなく公開されます。 早期 予約特典($199) をご利用いただくには、6月30日までにご登録ください。 

Register now 

今すぐ登録して、2019 IQGeo Meetup の席をご予約ください。 

 Hilton Garden Inn にて、多数のお部屋を割引料金で確保しております。 ホテル予約の詳細については、登録の確認メールでご案内いたします。

2018 Meetup は、優れたイベントとして出席者からすばらしいフィードバックをいただきました。

2018 年度の出席者の 100% が、2019年度のイベントにも出席すると言っています。

Cable ONE の Dick Rohm 氏は次のように述べています。 「これは私が今までに出席した中で最高のカンファレンスの 1つです。 このカンファレンスでは、他の多くの展示会に比べて、より多くのことが得られます。」  

 

関連製品

Construction Manager hat die Kontrolle über Bauprojekte.
myWorld 概要

Construction Manager

Construction Manager™は、 建設プロジェクトを最初から最後まで管理し、プロジェクトの進捗やチケットの状態について関係者全員に知らせます。また、あらゆるモバイルデバイスで利用できます。 プロジェクトマネージャーは、チケットを担当者に割り当てます。担当者は、チケットの進捗と状態を各自のモバイルデバイスで記録します。 締切や予算をリスクにさらしているチケットを特定できるようになります。

operatioons manager for CSPs
myWorld 概要

Operations Manager

よりスマートなネットワーク機器やセンサーが設置されるにつれ、リアルタイムの状態、アラーム、パフォーマンス情報が流れており、通信ネットワークから収集されるデータ量は爆発的に増えています。

運用チームにとっての課題は、こうしたデータが多数の複雑なアプリケーションのサイロに閉じ込められていることです。そのため、データソース同士を関連付けて、サービス停止の根本原因を特定したり、作業員をタイミングよく派遣するといった、業務上の重要な決定を下すことが難しくなっています。 結果的に、平均修復時間(MTTR)の増加、障害の電話の繰り返し、カスタマサービススコア(NPS)の低下、顧客の解約につながっています。

myWorld for Salesforce Image
Inspection and Survey Graphic
myWorld 概要

Inspection & Survey

myWorld Inspection & Survey は柔軟なソフトウェアのプラットフォームです。オペレーションチームはこのプラットフォームで、現場での調査点検の実施に必要な全項目をデジタルデータとして作成し、最適化できます。 その万能なアーキテクチャによって、どんな公益事業や通信事業の企業でも数週間で導入可能です。

myWorld Inspection & Survey は、任意のモバイルデバイスを使って情報をキャプチャできるので、紙の書類を取り扱う必要がなくなり、作業者の検査データの収集能力も変革します。 規制当局への報告も送信し、全社的に点検業務の最適化が容易になります。

Damage Assessment - Screen Capture
myWorld 概要

Damage Assessment

電気事業の問題点は、地理的距離、規制変更、レガシーシステムやプロセス、技術的に複雑さが増しているネットワーク、そして環境保護とその知識をもつ消費者に信頼できるサービスを提供することです。 大嵐や緊急時には、できるだけ安全に、迅速に、可能な限り想定どおりに復旧する必要があります。

柔軟なソフトウェアプラットフォームである myWorld Damage Assessment™ は、公益事業のオペレーションチームの大嵐や緊急時の損傷評価作業全体にわたって効率を向上させます。 これによって現場の通信速度や情報収集の質など、通信全体が大きく改善され、復旧時刻の予測、SAIDI および CAIDI にも影響します。

myWorld Capture Graphic
myWorld 概要

Capture

myWorld Capture では、現場のスタッフや建設業者からの竣工情報、朱入れ、データ補正の詳細を収集するとともに、QA レビューの提出と GIS のような基幹エンジニアリングシステムへのデータ投入を行います。技術者は自分のモバイルデバイスを使って現場での変更を簡単に記録・提出できるほか、これらの変更が処理されると通知を受け取ります。 すべての関係者は常に協調して、工程が進行していく中で最新の状況を常に追跡することができます。

myWorld Capture は myWorld プラットフォーム上で実行するので、企業規模の実証済みのデータの同期化機能やアプリケーションの更新機能によって、オフラインでも現場の作業者の生産性を維持します。

myWorld Platform 3D Model
myWorld 概要

myWorld Enterprise Platform

従来の集中型のモデルを使ったレガシーシステムとは異なり、myWorld プラットフォームは持ち運びができる柔軟な分散型です。 特に複数の GIS と業務データソースによる大規模な統合のために開発されています。

弊社は、お客様のユニークなネットワークアセットやプロセス、IT 環境を単純な地図ビューを使って可視化する、地図を軸にしたオペレーションハブを作成します。 現場の作業中にモバイルフォンやタブレットを使っていても、ネットワークオペレーションセンター(NOC)で大画面の障害モニターボードを使っていても、全チームが myWorld の強力な洞察機能を利用することができます。

世界をリードするモバイル地理空間ソフトウェアなら、これまでは失われてきた現場の作業情報をキャプチャし、決定をすばやく下すために必要なミッションクリティカルなデータにもアクセスできるようになりました。

Zayo Logo
MDU Resources Logo
Comporium Test
UGI Logo
Telus Logo
Altice logo

どのようなご用件でしょうか?

お問い合わせ先